鎌倉市手広3-14-8 手広ビル3F

tel:0467-38-1212

インターネット初診予約はこちら

網膜硝子体疾患

網膜硝子体疾患とは

網膜硝子体疾患とは

目の網膜(目の奥に広がっている薄い膜状の神経組織)は、眼球内腔を埋める硝子体※と接していますが、硝子体は加齢などの原因によって収縮したり、変性したりします。

この硝子体の収縮や変性によって網膜が影響を受けてしまうことで、各種疾患となって現れたものを総称して「網膜硝子体疾患」と言います。代表的な疾患を挙げると、網膜剥離、網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、硝子体出血、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫などがあります。

※硝子体:水晶体の奥にある、卵白のようにドロッとしたゼリー状の透明な組織で、眼球の大半を占め、眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形態を保っています。硝子体が何らかの原因により網膜を牽引したり、濁ったり、出血したりすると、いろいろな目の障害が引き起こされます。

主な網膜硝子体疾患

網膜剥離

網膜が剥がれてくる疾患が網膜剥離です。網膜に穴が開く、網膜裂孔をもとにして起こります。主に加齢などが原因で網膜に穴が開き、液化した硝子体が入り込んで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」、糖尿病網膜症などで生じる「牽引性網膜剥離」などがあります。

網膜裂孔

網膜と硝子体の強い癒着によって、引っ張られた網膜が裂け、穴が開く疾患です。網膜裂孔は、網膜剥離へと進行することがあります。網膜裂孔が起きている場合は、網膜剥離を起こさないように、光凝固法が行われます。レーザーを照射して裂けた部分を固め、網膜が剥がれないようにします。

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つです。網膜の毛細血管が閉塞して血の巡りが悪くなり、硝子体出血や黄斑部の浮腫(むくみ)、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を引き起こして視力の低下を招きます。重大な失明原因の一つでもあります。

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈が詰まって血液が流れなくなる疾患で、50歳以上の方に多く見られます。静脈が詰まると、そこまできた血液の流れが阻まれ、末梢静脈から血液が溢れ出します。溢れた血液は、眼底出血を招いたり、網膜浮腫(むくみ)を起こしたりします。

眼底出血や浮腫が黄斑(物を見る上で最も重要な部分)に及ぶと、視力は低下し、放置すれば回復が難しくなります。多くの場合、網膜静脈閉塞症は、高血圧や動脈硬化によって引き起こされますが、他に血管自体の炎症や血液疾患などが原因になるケースもあります。

硝子体出血

網膜の血管などが切れて出血し、硝子体の中に血液が溜まった状態が硝子体出血です。通常、出血量が多いため、光が出血により網膜まで届かず、視力障害を引き起こします。出血の量が少なければ、飛蚊症(虫や糸くずのような小さな黒い点が見える)の症状が起こります。経過観察をしながら出血の自然吸収を待つケースから、早急な硝子体手術を要するケースまで、病態によって対応は異なります。

黄斑前膜

網膜の黄斑部に薄い膜が張る疾患です。初期のうちは無症状ですが、進行すると膜の収縮により網膜がむくんだり膜が厚くなって縮み、しわができることによって視力が下がったり、ピントが合わない、物が歪んで見える、などの症状が現れてきます。視力検査や眼底検査、蛍光眼底造影などの検査を行って診断をつけます。

黄斑円孔

部分的な後部硝子体剥離に伴う牽引が原因となり、眼底の中心にある黄斑部の網膜に小さい穴が開く疾患です。黄斑部は、網膜の中でも視力にとって特に重要な部分ですので、物が歪んで見えたり(変視症)、視力が下がっていったりします。眼底検査を行えば、すぐに診断がつきます。以前は治療法がありませんでしたが、現在は手術により円孔を閉じ、視力も回復できるようになりました。

黄斑浮腫

黄斑浮腫とは、網膜中心部にある黄斑に液状の成分が溜まり、むくみを起こして視力が低下する疾患です。視力低下のほかにも、物がぼやけて見える、ゆがんで見えるなどの症状を引き起こします。黄斑浮腫の多くは、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、ブドウ膜炎など、様々な疾患が原因となって引き起こされます。

治療について

当院では、網膜硝子体疾患を治療する方法として手術療法を取り入れています。これは、硝子体内部に起こった疾患を治療する目的で行われ、眼内の出血や濁りなどを硝子体と一緒に除去する手術(網膜硝子体手術)になります。なお、網膜硝子体手術は「日帰り」で行っております。

doctor's file