鎌倉市手広3-14-8 手広ビル3F

tel:0467-38-1212

インターネット初診予約はこちら

白内障

白内障とは

白内障とは

カメラで言えばレンズの役割に相当するのが水晶体です。この水晶体が主に加齢が原因で白く濁ってしまう状態を白内障と言います。元々水晶体自体は、レンズ同様に透明で光をよく通しますが、水晶体に含まれるたんぱく質(クリスタリン)は加齢によって変性し、徐々に白く濁っていきます。この症状が白内障です。

早い方であれば40歳ほどで発症し、程度の差はありますが80歳を超えると、ほとんどの方に白内障が認められます。また、加齢が原因でなくても、全身疾患(糖尿病など)、薬(ステロイドなど)の副作用、外傷、紫外線、喫煙などで、若い方でも発症することがあります。

症状について

自覚症状は初期の段階では、ほぼ見られません。そのため発症していることに気づくのは困難です。しかし、病状が進行していくにつれて、目がかすむ、視力が低下するといった症状がみられるようになります。白内障には以下のような症状があります。心当たりがある方は、一度眼科をご受診ください。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • メガネの度が急に合わなくなる など

検査について

白内障が疑われる場合は検査を行います。検査方法としては、視力検査や細隙灯顕微鏡検査などがあります。

視力検査

裸眼視力および矯正視力を、それぞれ測定します。裸眼視力が悪くても、矯正視力が良ければそれほど白内障の心配はありませんが、レンズを装着した状態で測る矯正視力が落ちているような場合は、白内障や何らかの網膜の障害が疑われます。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という特殊な検査機器を用い、斜め方向から目に光を当ててから目を拡大して観察します。水晶体の状態を詳細に調べられるため、白内障の診断には欠かせません。白内障にかかっている場合には、水晶体の濁りやその程度がよくわかります。

治療について

検査の結果、初期あるいは濁りの具合が軽度のようであれば、経過観察になります。白内障の治療には、薬物療法と手術療法があり、薬物療法では点眼薬や内服薬が処方されますが、このような薬は白内障の進行をある程度遅らせることはできますが、完治させるものではありません。

そのため点眼などの薬物療法を行っても、通常の生活が困難なほどに白内障が進行してした場合は、手術療法を行うことになります。手術では、濁った水晶体を超音波による施術で取り除き、水晶体に代わる人工レンズ(眼内レンズ)を挿入します。当クリニックでは、日帰り手術による白内障手術を行っています。

doctor's file